ミナト長崎コワーキングスペース

minato Blog
ミナトブログ

ミナト
かんな

カンナの花

カンナの花

かんな こんにちわ😄
8月になり晴れる日も多くなりましたね!
今日は誕生花でもある「カンナ」の花について書いていこうと思います😁

まずカンナの特徴について書いていきます!
カンナはカンナ科の多年草で熱帯地方に50種類が自生しています
コロンブスが新大陸を発見したとともにヨーロッパに持たされた
花としても知られています

カンナは葦という意味のあるラテン語が語源になっています
カンナの茎が葦のように茎の中が空洞になっていることに由来しているそうです

○カンナの種類
カンナは花だけではなく葉にも様々な種類のある植物です
カンナの花色には赤・ピンク・オレンジ・黄色などがあり2色咲きのもの
などもあります
また葉には緑1色のものの他に白やオレンジ・赤・紫などの縞模様が
入っているものも多くあります


カンナ

カンナとブッタの伝説というものがあります!
ある日ブッタの強い霊力を妬んだ悪魔が待ち伏せして
ブッタに向かって大石を投げ落としたそうです

大石はブッタの体に当たらずに足元で粉々になり一欠片だけが
足の指に当たりました
その傷から流れたブッタの血が大地に染み込んで
赤いカンナの花が咲いたそうです
悪魔は大地の怒りに触れて他の裂け目に飲み込まれました

次に花言葉を紹介していきます
花言葉の「情熱」「快活」はカンナの真夏の日ざしに負けない強さと
華やかな花姿に由来するといわれます
「妄想」の花言葉は、鮮やかで幻想的なその花色に由来するといわれています

カンナの花はとても丈夫な花で土質を選ばないので
ご家庭でも簡単に育てることができるかもしれません
夏に咲いている花とても綺麗ですよね😙
ぜひ機会があればカンナ育ててみてください