ミナト長崎コワーキングスペース

minato Blog
ミナトブログ

ミナト
キンモクセイ

キンモクセイについて

キンモクセイについて

キンモクセイ こんにちわ😀
9月も始まり台風がきたりとあわただしい始まりですが
台風被害は大丈夫でしたでしょうか?
次は台風10号が接近していますので早めの対策を
お願いいたします

甘く芳しい香りがして小さな花から漂うキンモクセイの香り…😚
なんだか懐かしい気持ちにさせてくれますよね!
今日は9月のお花キンモクセイについてお話ししていきます

キンモクセイは、モクセイ科・モクセイ属の常緑性の小高木樹です
中国南部が原産で江戸時代に日本に伝わってきました
もともとはギンモクセイの変種です

大きい樹木で10mほどまで育ち日本では観賞用として
公園や庭先でよく栽培されています
原産地の中国では丹桂(たんけい)や桂花(けいか)という別名で知られており
観賞用以外にお茶やお酒(白ワイン)お菓子、漢方薬など花びらを
食用や薬用に扱える植物としても親しまれています


キンモクセイ

○名前の由来
学名のOsmanthusはギリシャ語のosme(香り)とanthos(花)に由来しています
fragransは「芳しい香り」aurantiacusは「橙色の」という意味があり
学名全体を通してキンモクセイの花の様子が伝わってきますよね

キンモクセイの開花時期は9月中旬〜10月下旬です
環境によって異なりますが、9月に一旦花が咲き終えた後に
10月に新しい花が開花して下旬まで楽しむことができる
2分咲きや四季咲き品種もあるそうです
ただしキンモクセイの花の開花期間は短く1週間ほどです

次にキンモクセイの花言葉についてお話しします
まずは『謙虚・謙遜』
強い香りが印象的な一面とは裏腹に
咲かせる花は直径1cmにも満たないと小さいので
このような花言葉がつきました

『気高い人』
季節の変わり目に降る秋雨の中で
潔くすべての花を散らせることが「気高い人」という花言葉の由来となっています

『真実』
キンモクセイの香りの強さから
開花時を隠すことやごまかすことができず周囲の人が知る
そのような嘘のつけない香りが「真実」の由来になっているようです

『陶酔』
陶酔という花言葉は、その強い香りに由来します
原産国の中国で香りを活かしてお茶やお酒お香などに利用されていたこともあり
それにちなんでつけられたそうです

『初恋』
こちらもキンモクセイ特有の甘い香りが由来です
人生で誰もが経験し忘れられない「初恋」
いい思い出として覚えている方も多くいるのではないでしょうか😘?

花姿や香りが特徴的なキンモクセイですが
庭木で育てている方も今は少なくなっているそうです
キンモクセイを見つけた場合は匂いを楽しんでみてはいかがでしょうか😘?