ミナト長崎コワーキングスペース

minato Blog
ミナトブログ

ミナト
菊の花

重陽の節句とは?

重陽の節句とは?

菊の花 こんにちわ😄
今日は重陽の節句の日と言われています!
重陽の節句は平安時代の初めに中国から伝わったと
言われています😄

中国では奇数の日は縁起がいい「陽の日」と
言われていました
ですので3月3日と7月7日などは奇数が重なる日を
節句の日としました
中でも一番大きい陽の数である「9」が重なる9月9日を
「重陽(ちょうよう)」と呼び五節句の1つとして
親しまれる行事になったのです

重陽の節句に欠かせないのは菊の花です
旧暦では菊の花が咲く季節であることから
別名「菊の節句」とも言われています

古来中国では菊の花からしたたる露が川に落ちて
その川の水を飲んだ者が長寿になったという「菊水伝説」があります
薬効の植物とされてきた菊が平安時代に日本にも語り継がれ
今でも不老長寿を願い邪気を払う花として定着しています

重陽の節句は大人のひな祭りとも言われています
重陽の節句には、3月に仕舞った雛人形を
もう一度飾る「後の雛」という風習があります
大切な雛人形を1年間仕舞ったままにせず
虫干しをして痛みを防ぎ、長持ちさせる習わしです
大人の女性が健康や幸せを願って雛人形を飾るため
「大人の雛祭り」とも呼ばれています


栗

重陽の節句のオススメの楽しみ方をオススメしていきます
○お酒に菊の花びらを浮かべて。長寿を願う菊酒を嗜む
古くから重陽の節句で親しまれている「菊酒」
重陽の節句では、身体の中にある邪気を払い
不老長寿を願って、菊酒を嗜みます
もとは菊を漬け込んで作っていた菊酒ですがお家で手軽に楽しむなら
菊の花びらをお酒に浮かべて飲むと良いですよ

○祝い膳には秋の食材を並べよう!
秋の収穫祭とも結びつきのある重陽の節句には
秋の行事食「栗ご飯」を食べる風習があります

不老長寿や繁栄を願う「重陽の節句」ですが
昔は五節句の中で最も盛んな行事であったとされていました
今年の秋は、重陽の節句を、楽しんでみてはいかがでしょうか😘?