ミナト長崎コワーキングスペース

minato Blog
ミナトブログ

ミナト

【スタッフの〇〇】さだぽんの生姜焼き

【スタッフの〇〇】さだぽんの生姜焼き

どんな高価な料理よりも、子どもの頃食べていた家で出てくる料理の方が美味しいと感じる。

 

小さいころから大人の人が「高い料理は美味い」というのに理解が出来なかった。

 

高い料理は、大きなお皿に、ポツンとそれが添えられている。

どう考えても盛り付ける量を間違っている。

 

それよりも、丼ぶりいっぱいの牛丼の方が安くでお腹いっぱい食べられるのが不思議でたまらなかった。

 

そうであるならば、さぞ美味しいのであろうと食べてはみるが、なんだまったく自分の口に合わないではないか。正直に言う。美味しいとは感じなかった。

 

お金持ちになったら何がしたいかなって、子どもの頃によく考えていたけど、だいぶ早いころから「高い料理を食べる」ことに興味はなくなった。

 

もし1億円を手に入れたならば。

 

世界の名だたるシェフが手掛けた高級フランス料理を食べて、静かに、エレガントに食事をすることにお金をかけるよりも、母がいつも作ってくれていたあの「生姜焼き」に「やっぱりうめぇーーーーー!!!」と声を出しながら、腹いっぱい食べて、笑って、ごちそうさまでした!を繰り返したい。。
その生姜焼きを作ってくれる母を自分の専属料理人として雇うための1億円にした方が、自分にとっては幸せである。

 

母はもうすぐ60を迎える。
自分ももう、自立する歳である。

 

いつまでも母の生姜焼きが食べられるわけでは無いから、最近は母が作る生姜焼きを自分の手で再現できるように、教えてもらっている。

 

いつか自分に子どもが出来た時に、「外で高い料理食べるよりも、パパの生姜焼きが食べたい!」と言ってもらえるように。

 

________________________

 

最後まで読んで下さりありがとうございました!

 

今週は「スタッフの○○」ということで
ミナトアルバイトスタッフの「さだぽん」の好きな「生姜焼き」をテーマに、ミナトアルバイトスタッフの「もりきち」がお話を考えて書きました!

 

ちなみにもりきちも「生姜焼き」大好きです。

 

ではまた!お会いしましょう~!