ミナト長崎コワーキングスペース

minato Blog
ミナトブログ

ミナト

【ミナレコ!】先輩からのクイズ

【ミナレコ!】先輩からのクイズ

こんにちは!ミナトスタッフのパニーニです!

今日は話をそらさずにちゃんと本の紹介をしますよ!

 

早速、パニーニが紹介するのはこちらの本!くわっ!

「100の思考実験:あなたはどこまで考えられるか」です。

簡単に概要を紹介させていただきます。列車の暴走で40人が死にそうなとき、5人だけ死ぬ方にレバーを切り替えられるとしたらどうするか?体と脳・生命倫理・言語・宗教・芸術・環境・格差…哲学、倫理学の100の難問!(Googlebooksより)

 

・・・面白いんですか?

ちょっと待ってください!本当に面白いのです。

概要に紹介してあった問題はかなり心が痛いものとなっていますが、ページをめくると私たちの暮らしに近づいた問題ばかりでした。

友達との会話や隣の家のwifiをこっそり拝借する人、夫婦間のトラブルなどなど、小さい様に思えるちょっとした問題から思考が広がっていく感覚が面白いと思います。

ふふふ、これで私は物事をいろいろな角度から考えられる人になったのだ。ワハハハハ!

と調子に乗っていたらとある先輩からクイズを出されました。

 

「あるところに世界的に有名な名医がいました。この名医は論文を出せば称賛され、数々の難しい手術も成功してきた本当に優秀な名医です。そんな中、名医の娘が事故に遭いました。かなり重症で命を落とす危険性もあります。この時たまたま有名な名医の予定が空いており、娘を手術しました。手術は大成功!女の子は一命をとりとめました。病室で横になっている娘に看護師さんは言いました。良かったねぇ、あなたのお父さんが世界的に有名で優秀な先生だったから、あなたは助かったのよ。本当に素晴らしい手術をしたんだと思うわ。すると名医の娘は言いました。えっ私のお父さんはお医者さんじゃないよ。じゃあ娘を手術したのは誰でしょう」※正解はブログの最後に書きますね

 

私はしばらく解けなかったのです。頭の中にある固定概念とやらにも気付かずに!

調子に乗った事を反省するとともにこの本をもう少し読み込んでみようかなと思いました、、トホホ。

今日のブログはこれで終了します!ありがとうございました。

 

▼営業時間

平日:10:00~20:00

土日祝:10:00~18:00

▼最新情報はTwitterで!

▼クイズの答え

手術したのは名医。名医は女の子のお母さんだった。