ミナト長崎コワーキングスペース

minato Blog
ミナトブログ

ミナト

私のあだ名を紹介します

私のあだ名を紹介します

こんにちは!ミナトスタッフのパニーニです。

6月29日の今日はとても天気が良いです。まさに本格的な夏の始まりです。

なんだか中学生や高校生のころ、友達と遊んだり部活に行ったりした通学路を思い出します。

きっと、ペタペタした空気とか空が濃い青になるから思い出すのでしょう。

パニーニは宮崎県出身(ゴリゴリの田舎者)ですが、長崎の夏を見て、「家族や友達、元気にしているか~」と頭に浮かびました。

「空は繋がっているー。」

はい、これが言いたかっただけです(笑)でも、本当に思い出しました!故郷と同じくらい長崎が好きです!

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

実は今日のブログテーマが浮かびませんでした。

だから、パニーニが生きてきた中で与えられたあだ名を簡単に紹介しようと思います。

 

①2歳「社長」

その暴力的な性格で家族・親戚から恐れられていた赤ちゃんパニーニ。

ふすまを指で破ったり、壁をはがして食い散らかしたりとわがままだったそう。

そこで社長専用に椅子が用意され、満足そうに社長椅子へ腰かけていたそうです。

家族の皆さん、すみませんでしたぁ!

 

②6歳「給食の女王」

毎回給食をおかわりし、友達が食べきれないご飯もパニーニが完食。

いつの日か保育園の先生から給食の女王と名付けられ、残飯削減、地球にやさしい子どもであった。

 

③14歳「ナメクジ」

ただの悪口やないかい!

 

④22歳「パニーニ」

イタリアンパニーニ店でアルバイトをしていることから長野さんがくれたあだ名です。

響きがいいので、とても気に入っています。中村さんはパニちゃんと呼んでくれます。

良かったら皆さんもパニーニと呼んでください、それとぜひパニーニを食べに来てくださいね。

 

以上となります。

途中悪口を言われた気がしますが、全体的に気に入っています。

他にも猪突猛進、イノシシや野生児と言われていたので、元気よく、すくすく成長してきたみたいです。

改めて、長崎の夏から故郷を思い出したパニーニでした。

ありがとうございました!

 

▽ミナトでできること

コワーキングスペースミナト