ミナト長崎コワーキングスペース

minato Blog
ミナトブログ

ミナト

【ショートショート】傘ごっこ

【ショートショート】傘ごっこ

お久しぶりです、ミナトスタッフのちょーのです。

先日、僕が半ば強引に押し付けた「ショートショートnote」。
もりきちくんが記念すべきミナトショートショート第1号を書き上げてくれたので、今回は言い出しっぺの僕が続きたいと思います!

今回のテーマは「傘」と「ごっこ」
そのまま「傘ごっこ」と題して、物語を書いていきたいと思います!

ショートショートnoteについてはこちら

————————————————————

傘ごっこ

「天使と悪魔のささやきって、よくあるでしょ?」

藤田くんが僕に言う。

「分かるよ、心の中で迷っているときに『良心』と『出来心』がせめぎ合うやつだよね?」

「また難しいこと言っちゃって。でも、そんなとこ。それでね、新しいあそびを思いついて…」

藤田くんが説明した設定はこうだ。

ある朝、曇りの予報を見たAさんは「傘を持参するか否か」で思い悩む。そこに登場するのが、普通の傘になりきるBさんと、折りたたみ傘になりきるCさん。BさんとCさんは、悩めるAさんにそっと語りかける。より自らを推し、より相手を貶め、「わたしを使って!」と主張するのだ。制限時間は1分、この中でAさんの心を掴んだ方の勝ちらしい。

ふうん、言い負かしたら気持ちよさそう。

早速やってみようという話になり、そばにいた芽衣ちゃんにAさん役をお願いした。
僕はふつうの傘、藤田くんは折りたたみ傘を選んだ。

僕「降水確率、70%だよ?」
藤田くん「降らなかったら、荷物だよ。」

芽衣ちゃん「う~ん、たしかに降りそう…」

僕「僕の方がじょうぶだよ!」
藤田くん「ふつうの傘持ってたら、スマホも触れないよ!?」

芽衣ちゃん「スマホは触りたいなあ…」

その後も主張し合う僕たちは徐々にヒートアップ。
30秒を過ぎるころには”語りかける”なんて姿は消えていた。

僕「折りたたみ傘って、なんかズルいじゃん!!」
藤田くん「ふつうの傘って、全然カッコよくないじゃん!!」

芽衣ちゃん「ちょっと待って!なんか楽しくない!」

僕・藤田くん「えっ…?」

途端に僕たちの熱が冷める。

「それ、もう悪口だよ。」

芽衣ちゃんは、そう言い残して教室を後にした。
「ああ、行っちゃったよ。」と藤田くんは笑ったけれど、僕にとっては一大事だった。

芽衣ちゃんと相合傘、したかったなあ。

————————————————————

HP / https://minato-space.com/
Twitter / https://twitter.com/minato_space
Instagram / https://www.instagram.com/minato.space/